• floria

姿勢と 顔の たるみ の恐~い関係 原因,改善は?



家での仕事が増えてきたり、部屋の中で過ごす時間が長くなると 

ダラー~っと ついつい楽な姿勢になってしまっていませんか?


筋肉を緩めると それに伴って皮膚も タラーン と緩みやすくなります。 



どうして姿勢がわるいといけないの?

姿勢が悪いと 体がゆがむことになります。 すると 骨や内臓の位置がずれて 血液やリンパのめぐりが悪くなるのです。 無理な姿勢を取ることで 変に筋肉を使ってしまい、凝りが生じやすくなります。 凝りが生じると より血液やリンパの流れがわるくなり 冷えや代謝低下の原因になります。 美容面で 顔の場合は 顔の老廃物がたまって 顔や首が大きくなってムクミ顔になりやすいのです。 本当の自分ではないのに、老けてみられることになって なんだかくやしいですね。



どうしたら姿勢がよくなる?


正しい姿勢を保つことは 耳・肩・骨盤・くるぶし が 一直線上に並んでいることと言われています。 前かがみになっている人には、きついわ~ って言いたくなりますね。 デスクワークをする時は ますます難しいです。 腰の位置に気をつけて 顔は 少しアゴを上に上げると 耳の位置が前に出なくてすみます。 長時間デスクワークを要する方は 腰の負担のためにも 椅子が座り方を改善できるグッズを選ぶことも大切になりますね。 そして 何より 1時間に1回ほどは トイレ休憩などをとって 血流やリンパがよく流れるように、軽いストレッチなどをして 全身の流れを良くしてください。 首回りの軽くなでたり、ワキや鎖骨の下をワキに流したりすると なおいいですね。 ちょっとしたことで 美容と健康の改善に役立ちます。

0件のコメント YUKIKO TSUJIWAKI


0件のコメント